熟睡効果やリラックス効果で注目されているテアニンとは

ストレス社会の現代では、不眠やイライラする人が激増しています。
人間関係が一番のストレスですが今の日本では逃れることは困難です。

 

そんな人のために、注目されいる成分がテアニンです。
テアニンとはお茶に含まれる栄養素の一つでアミノ酸になります。

 

特に玉露や抹茶などには、テアニンが多く含まれ神経を和らげる効果があります。
また、心を落ち着かせるのでリラックス効果も同時にあります。

 

テアニンが、脳内に入ると神経伝達物質の濃度が変化します。
その結果、冷え症の改善や睡眠を促すことなどがあります。

テアニンはお茶で飲むほかサプリメントでも摂取できる

不眠を改善して熟睡ができるようにしていきます。
忙しいときに、一杯のお茶を飲むとなんだか心がほっとしませんか?

 

これは、お茶に含まれるテアニンが脳内で作用しているからです。
テアニンを含むものを体内に摂取したときにはリラックス効果の脳波が50分ほどでています。

 

お茶を飲むと、安心したりくつろぐことができるのは科学的にも立証されています。
ストレスなどで、イライラするときや心が辛いときにはこの作用を上手く利用すると体にもいい効果がでてきます。

 

最近では、お茶だけでなくサプリメントも販売されており、より効率的に体内の取り入れることができます。

テアニンが含まれている飲み物にはお茶、紅茶、ウーロン茶がある

テアニンは、アミノ酸の一種で、お茶に多く含まれています。
うまみ成分の一つで、葉が日光に当たるとカテキンへと変化します。

 

テアニンには、自律神経の乱れを整える働きがあります。
代表的な効能としては下記のような効果があるといわれています。

 

 リラックス効果

 

 冷え性改善

 

 良い睡眠がとれる

 

 集中力が高まる

 

 更年期障害の改善

 

 月経前症候群の軽減

 

 高血圧を予防

お茶を飲むだけで手軽にテアニンを摂れる

リラックス効果に関しては、テアニンを摂取してから40分ほどたつとα波が出現します。
テアニンの濃度が高ければ高いほど、α波も多く現れます。

 

冷え性に関しては、リラックスすることにより、筋肉が緩み、血管が拡張します。
血行が良くなり、末梢血管まで血液が届くので、冷え性が改善されます。

 

集中力はリラックスすることができるので高まるということもあります。
さらにテアニンは脳内の神経伝達物質であるセロトニンやドーパミンの濃度を変化させて集中しやすくします。

 

集中力だけでなく、記憶力や学習能力も高めることができます。
月経前症候群や更年期障害の症状も軽減するといわれています。

 

イライラやむくみ、疲労感、ゆううつ、ほてり、動悸といったものを軽減することができます。
排卵日から月経がはじまるまで摂取することで効果をより得ることができます。

 

テアニンが含まれている飲み物には、お茶、紅茶、ウーロン茶があります。
茶葉を日光に当てないで作る、玉露やかぶせ茶に特に多く含まれています。

 

通常のお茶にもテアニンは含まれているので、継続して摂取すると良いでしょう。

テアニンにはドーパミンとセロトニンを分泌させ集中力が高まるという効果

テアニンはお茶に豊富に含まれています。
お茶を飲むとほっと心が安らぐのはテアニンのリラックス効果のおかげなのです。

 

テアニンの効果はそれだけではありません。
ドーパミンセロトニンを増やす働きがあるとされています。

 

ドーパミンは快感を感じたりやる気を出させるホルモンです。
セロトニンは睡眠の質や精神の安定に深い関係のあるホルモンです。

 

テアニンは、摂取すると血液脳関門(けつえきのうかんもん)という器官を通って脳細胞まで運ばれます。
伝達物質であるドーパミンセロトニンの濃度を変化させるというラットを使った基礎研究があります。

テアニンを摂取すれば集中力が高まる?

緊張や不安といったストレスを感じると、ドーパミンセロトニンが減ってしまいます。
その結果、集中力の低下を招いてしまいます。

 

テアニンを摂取すればドーパミンセロトニンが分泌されます。
脳をリラックスさせ、やる気を引き出し、集中力が高まるという効果が期待できます。

 

テアニン摂取後約40〜50分でリラックスした状態の脳波であるα波が出現します。
α波は何かに集中しているときにも現れます。

 

ドーパミンセロトニンの効果と併せてリラックスし、集中力が高まるという効果が期待できるのです。

お茶に含まれるテアニンには冷え性改善の効果が期待される

テアニンはお茶や山茶花、椿に含まれているアミノ酸の一種です。
一部の植物にしか存在しないお茶のうまみ成分です。

 

テアニンが日光を浴びると、カテキンへと変化をします。
テアニンには様々な効果があります。

 

リラックスできる、睡眠を促す、集中力を高める、高血圧予防、月経前症候群や更年期障害の軽減といったことの他、冷え性改善効果もあります。

 

冷え性は、ストレスや、自律神経の乱れ、寒い場所に長くいる、食べ物などが影響して起こります。
女性の場合は筋肉量が少ないことから、血液をうまく運ぶことができず、冷え性になります。

冷え性改善にはテアニンがおすすめ

テアニンにはリラックス効果があり、良質な睡眠がとれる効果があります。
ストレスを軽減することができ、それによって自律神経の乱れを解消することができます。

 

また冷え性改善効果があります。
血管を拡張することができるので、血流が良くなり体の隅々まで血液を届けることができます。

 

テアニンは緑茶や紅茶、ウーロン茶などお茶関係に含まれています。
特に玉露やてん茶、かぶせ茶に多く含まれています。

 

これは玉露などのお茶の精製方法が関係しており、日光をさえぎって作られているので、多くなっています。
摂取してから40分ほどたつとリラックス効果が現れ始めます。

 

冷え性改善効果を期待する場合は朝から飲み始めると良いでしょう。

テアニンのサプリメントの過剰摂取やお茶に含まれるカフェインには注意

リラックス効果があると人気があるのがテアニンという成分です。
主にお茶に含まれているアミノ酸の一種で、お茶を飲んだ時にリラックスするのは
この成分のおかげでもあります。

 

飲む量が多いと長時間効果が続きます。
他の成分よりも長時間のリラックス効果に期待出来ます。

 

不眠で悩まされている方でもテアニンを摂取すれば
リラックス効果でゆっくり眠れるという場合も多いです。

 

脳の興奮を抑えてくれるので不眠の原因を解消出来る事もあります。
集中力を高める効果も十分にあるので、何か集中しなければならないという場面でも先にテアニンを摂取してリラックスしておけば安心です。

テアニンもカフェインも過剰摂取には気を付けましょう

テアニンを摂取する際に注意しておきたいのが過剰摂取です。
テアニンを摂取しようとするとカフェインも一緒に摂る事になる場合が多いです。

 

テアニンを多量摂取しようとするとカフェインも多量摂取する事になります。
体に悪影響が出る可能性もあるのでカフェインに注意しましょう。

 

サプリメントにも気をつけなければなりません。
サプリメントで摂取する方法は確かに便利です。

 

しかし飲みすぎればテアニン過剰摂取してしまうと何らかの副作用が出る可能性があります。
適量摂取した方が効果が出やすいので気をつけましょう。

テアニンの含まれた機能性表示食品やサプリの選び方|含有量・安全性・効果

テアニンは主にお茶に含まれる成分です。
リラックスなどさまざまなメリットがあることから最近注目されています。

 

サプリや機能性表示食品もたくさん販売されています。
選び方の基準としては含有量・安全性・効果の3つが挙げられます。

 

まず含有量ですが、200mg程度のものが望ましいと言われています。
一般に「効果の実感しやすい」量だからです。

 

例えば緑茶にもテアニンは含まれていますが、効果をすぐに実感することはあまりありません。
これは湯呑1杯分の緑茶に含まれている量が30mg前後であり、十分な効果を得るには少なすぎるからなのです。

テアニンサプリの選び方とは?

テアニンそのものは有害な物質ではありません。
安全性についてはそこまで心配する必要はないでしょう。

 

同じくリラックス効果のあるGABAなど、相性のいい成分があります。
相性のいい成分が入っているものを選ぶことをおすすめします。

 

効果については個人差があります。
200mgというのはあくまで目安ですから、中にはもっと多く摂らないと効果を感じられない方もいます。

 

いろいろな商品を試してみて、自分に合ったものを探してください。
サプリなどを購入する上で一番重要なのは、自分が納得できるかどうかです。

 

「睡眠成分テアニンを徹底比較|本当に効果のあるテアニンサプリは」関連情報